家庭教師のアルバイトをするメリットを教えてください。

図書館で指導をする家庭教師

家庭教師のアルバイトをするメリットは給与と経験

家庭教師のアルバイトをするメリットとして最も大きいのは、やはり給与面です。子どもの学校が終わってからの2,3時間を使って勉強を教えるだけで、時給が2,000円を超えることも珍しくありません。

たとえば居酒屋などの飲食店に勤務するアルバイトであれば、深夜手当がつく時間の勤務に入ったとしても、なかなか2,000円以上のお給料をもらうことは難しいですよね。

また、国立大学をはじめとする有名大学や、医学部に通っている学生、大学院生など、基礎的な学力が高いことを証明できる肩書きがある場合、時給は3,000円近くにまで上がることもあります。

お金を稼ぎたいという気持ちはあるけれども、それほど長い時間をアルバイトに使うことができない大学生には、特におすすめのアルバイトです。

塾講師のアルバイトも、時給が高いアルバイトの種類としてはよく挙げられるものですが、家庭教師のアルバイトの方が一般的に時給は高い傾向にあります。

家庭教師として一人で生徒に接する場合、生徒の質問に対して万が一とっさに答えられなくても、同僚の講師や社員の先輩に尋ねることはできません。

また、塾では多くの場合、親御さんとのやりとりは講師以外のアルバイトか、教室長として勤務している社員に任せますが、家庭教師の場合には、生徒の成績に対する意見はもちろん、さまざまな親御さんの要望に、直接対応をしなくてはならないこともあります。

塾講師に比べてそういった咄嗟の対応を求められることが多い分、一般的には家庭教師の方が、時給を高く設定されていることが多いようです。

とはいえ、お客さまとのやりとりは、どんな業種であれ、社会に出れば必ず経験することになりますし、アルバイトだからといって、勉強を教える子どもとばかりやりとりをしているようでは、社会人としての経験値やスキルはほとんど身に付きません。

家庭教師としてアルバイトをすることには、自立して仕事に責任を持つことを経験するという意義もあります。