個人契約で家庭教師の仕事をするメリットが知りたいです

右手でOKサインを作る女性

待遇や条件で理想的な職場を探しやすい個人契約の家庭教師の仕事

家庭教師の仕事を検討している場合、探しかたとしては派遣先に登録、所属をして仕事先を紹介してもらう方法と、こうした派遣会社の仲介を挟まずに直接契約を行う個人契約があります。

個人契約の場合、友人や知人を頼ったり、もしくは個人契約を行えるマッチングサイトなどに登録して仕事を探さなければならず手間がかかりますが、雇う側のご家庭も派遣会社から紹介される家庭教師よりも安い料金で契約できるなどいい面がありますし、仕事をする側にもメリットがあります。

指導する生徒との相性を見て仕事を選択できる

派遣会社に登録をして仕事をする場合、会社側が登録時の個人データと条件を照らし合わせて自動的に派遣先を紹介されます。

受け持つのがどんな生徒かわからないまま顔合わせをして戸惑ってしまうことがあるのです。もちろん相性に問題があれば派遣会社に相談をして対応してもらえますが、家庭教師に来てもらうご家庭側から見ても、どんな先生が来るかわからないというデメリットがあります。

反面、個人契約の家庭教師の場合には自分から仕事をさせて欲しいと売り込みにいけますし、自分に指導できる生徒かどうかじっくり検討した上で契約ができます。

ご家庭側も先生がどういった人柄でどういった指導を行ってもらえるのか見て、納得した上で仕事をお願いすることが可能です。

給料がいい

派遣サイトに登録して働く場合には時給が決まっていますし、必ず派遣会社が間に入ってマージンを取られます。しかし、個人契約であれば仲介手数料が発生しませんし、指導料を丸々手にできるのが大きなメリットです。

雇う側も派遣会社に支払うより個人契約の家庭教師に支払う料金が安く済みますし、双方共に得ができます。納得できる条件や待遇で、かつ相性のいい生徒であれば高報酬で働きやすいのが個人契約の家庭教師です。

ただその代わりに、トラブルなどが起こっても全て自分で対応しなければなりません。個人間であっても立派な契約ですから、曖昧にせずにできるだけ契約書を作成し、何か起こった際には対処できるように充分に配慮しておいてください。